絵本

わたしはヴァネッサと歩く

クラスのいじめを止めさせた、たった一つの行動

出版社からの内容紹介あらすじ

ある日、ヴァネッサという少女が転校してきた。
いつもひとりぼっちの転校生のことが気にかかる主人公の少女。
しかも、ヴァネッサはいじめられている。

このままでいいの? でも何をしてあげたらいいのか、わかんないよ……。

悩んだ少女は、朝、思い切ってヴァネッサの家へ迎えに行く。
大きなことはできないけれど、一緒に歩くことぐらいなら自分ひとりでもできるから。
そして、その勇気ある小さな行動は、学校中を動かすことになった。

絵本「わたしはヴァネッサと歩く」の一コマ

絵本「わたしはヴァネッサと歩く」の一コマ

絵本「わたしはヴァネッサと歩く」の一コマ

出版社「岩崎書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。