絵本

わすれられないおくりもの

アナグマの人生をとおして、生きることの価値を改めて発見できる感動的なお話。

この絵本の内容紹介あらすじ

年老いたアナグマは、とても賢くて誰からも頼りにされる存在。困っている友達を誰でも助ける優しさを持ち、知らないことはないというほどの物知りです。自分がもうすぐ寿命で死ぬことも知っていました。

それでも、アナグマは死ぬことを恐れてはいません。自分が死んで体がなくなったとしても、心が残ることを知っていたからです。

ただ気掛かりなのは残していく友達のこと。「自分がいつか、長いトンネルのむこうに行ってしまっても、あまり悲しまないように」と日頃から言い聞かせるのでした。

ある日のこと、モグラとカエルの駆けっこを見るために、アナグマは杖をついて丘を登りました。この日は特に年を取ったことを実感します。あと一度だけでもみんなと一緒に走れたら、そう思いますが今ではもう叶いません。それでも友達の楽しそうな姿を眺めるだけで、アナグマは幸せな気持ちになりました。

夜になってアナグマは家に帰ると、夕ご飯を済ませてから手紙を書きました。そして、暖炉のそばで揺り椅子に座っているうちに、すっかり寝入ってしまい、不思議で素晴らしい夢を見るのでした。

夢の中では驚いたことに、年老いたアナグマが走っています。どこまでも続く長いトンネルを、どこまでもどこまでも走り続けます。杖も必要なく、走れば走るほど身軽になっていくのでした。

翌朝、アナグマの家の前には友達が心配そうに集まっていました。毎朝、挨拶に来てくれたアナグマが、今朝に限っては来なかったからです。

家の中を確認したキツネは、集まった友達に悲しい知らせをしました。そして、机の上に置かれていた一通の手紙を読み上げました。

「長いトンネルの むこうに行くよ さようなら アナグマより」

アナグマの死を受け入れられる友達は誰もいませんでした。なかでもモグラは、やりきれないほど悲しくなりました。家に帰ってからも、モグラはアナグマのことで頭が一杯。悲しみに打ちひしがれ、涙が溢れて止まりません。

その夜、雪が降り始めると冬が訪れました。森の動物達は家に篭って冬を越します。アナグマの友達は冬の間中、アナグマの悲しみを乗り越えられずにいました。

そして、春が来ると森の動物達は外に出られるようになりました。アナグマの友達は、お互いに行き来してはアナグマとの思い出を語り合います。

モグラの思い出は、アナグマに切り紙を教えてもらったこと。カエルの思い出は、スケートの練習にアナグマが付き合ってくれたこと。キツネやウサギの思い出は・・・。他の友達も何かしらの思い出がありました。

その思い出の一つ一つは、何にも代え難いもの。アナグマは、ひとりひとりに宝物となるような知恵や工夫を残してくれました。

そして、アナグマとの思い出を分かち合うことで、アナグマの友達は悲しみを乗り越えることができたのです。


生きるための知恵や工夫を伝え合うことの大切さ、誰かの心に残る存在であることの素晴らしさ、様々な要素が詰まった感動絵本です。

アナグマの人生をとおして、生きることの価値を改めて発見できるのではないでしょうか。

これから長い人生を歩んでいく子ども達、たくさんの経験をした大人であっても、豊かな人生を送るためのヒントがきっと見つかります。

出版社からの内容紹介

だれからもたよりにされ、したわれていたアナグマが死んだ。かけがえのない友を失った悲しみで、みんなはどうしていいかわからない。でもアナグマは、野原のみんな一人一人に、すてきなおくりものをのこしていった…。“死”の意味をやさしく温かく伝え、心にしみる感動をよぶ。★教科書採用(光村図書・3年下/教育出版・3年上/東京書籍・3年上/三省堂・3年生)/第35回・課題図書/マザーグース賞/第24回・よい絵本

出版社「評論社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。