絵本

うちってやっぱりなんかへん?

出版社からの内容紹介あらすじ

おしゃれすぎる家、派手なワンピース、ひげがあって頼りにならないパパ、そしてへんてこな自転車、エトセトラエトセトラ。
わたしは ふつうがよかったのに――。

1960年代の北欧ノルウェーを舞台に、めぐる季節のなかで悩みながら成長していく少女の姿をアカデミー短編アニメーション賞受賞監督が描きます。

絵本「うちってやっぱりなんかへん?」の一コマ

絵本「うちってやっぱりなんかへん?」の一コマ

出版社「偕成社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。