絵本

うそうさぎ

トラ模様の「うさぎとら」、体はカバの「かばうさぎ」、ユニークな「うそうそぎ」が登場します!
えっ!こんな「うそうさぎ」まで登場するの!?
自分のオリジナル「うそうさぎ」を考えたくなるような想像力を掻き立てる絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

「こんなうさぎ、いるかな?」「うそでしょう、こんなうさぎ!」見たこともないような、いるはずのない絶対にありえないうさぎたちがページをめくるごとにどんどん出てくる絵本です。

まさに題名のとおり、『うそうさぎ』。うそばかりのうさぎたちがとても面白おかしく描かれています。こんな表現もあるんだ…!こんなうさぎいるのかな…本当にいたら面白そうだなぁ…と、お子さんの想像力を掻き立ててくれること間違いなしです。

トラ模様の「うさぎとら」や体はカバの「かばうさぎ」、なかにはダジャレを織り混ぜた表現もありますので、楽しく読み進められるお話になっています。また文字数も少なく、短文一言ですので、絵本が苦手かもというお子さんにもぴったり!

『うそ』と言っても堅苦しく感じ取るのではなく、『うそ』を楽しむように親子で笑いながら読んでいただける絵本です。

こんなうさぎっているかな?こんなうさぎだったらもっと楽しいね、と想像してみたり…クスッと笑いながらぜひ親子で読んでいただきたい絵本です。

出版社からの内容紹介

耳が長いからといって「うさぎ」とはいえません。虎模様の「うさぎとら」や、体はかばの「かばうさぎ」そして「うさぎゆうれい」までページをめくるごとにおかしな「うそうさぎ」が登場します。「うさぎピカソ」もいますよ。多彩な表現を駆使して楽しく、美しく表現された「うそうさぎ」たち。ちょっとおかしなことばといっしょに、お楽しみください。そして自分の「うそうさぎ」もぜひ作ってみてください。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。