絵本

うろんな客

五・七・五・七・七のリズミカルな短歌で翻訳された、エドワード・ゴーリーならではの独特なカルトアートな絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

エドワード・ゴーリーならではの独特なカルトアートな絵本です。

風の強いある冬のこと、ある館のベルが鳴りますが、そこには誰もいません。
ふと見ると壺の上に怪しく不思議な生き物が立っていました。カラスのようなペンギンのような見たこともない生き物です。

それ以来、館に住む家族と不思議な生き物との奇妙な生活が始まります。
ある日は、鼻を壁につけて直立不動のその生き物。
またある日は、本を破り取っては館を巡回。
夜が明ければ朝食に交じって皿まで食べる暴食。
こんな具合にとっても迷惑な生き物がやってきて早17年が過ぎますがいっこうにいなくなる気配はありません。

館に住む家族とどこからやってきて何のためにやってきたかもわからない生き物の奇妙な生活を描いた絵本です。
エドワード・ゴーリーのモノクロームの緻密なペン画で描かれたイラストも特徴の一つですが、柴田 元幸さんによって翻訳されたテキストもとっても特徴的な作品。原文は英文ですが、「風強く 客もなきはず 冬の夜 ベルは鳴れども 人影皆無」といった調子の五・七・五・七・七のリズミカルな短歌で翻訳された珍しい絵本です。

奇妙な生き物の正体はなんだったのだろうと疑問を残す作品ですが、よく考えると自由奔放な振る舞いははまるで小さな子どものよう。読んでいるとお子さんと重なる部分があるかもしれませんね。

出版社からの内容紹介

カギ鼻あたまのヘンな生き物がやってきたのは、ヴィクトリア朝の館。とある一家の生活の中に、突然入り込んできて、そして、それから――。ゴーリー独自の文章が稀代の翻訳家によって短歌に!

出版社「河出書房新社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。