絵本

うんどうかい

出版社からの内容紹介あらすじ

福岡で幼稚園や保育園など10校も経営している著者。
その著者が、幼稚園、保育園経営を通して感じたことを絵本という形にしました。
中身の文章も全部ひらがなを使用しており、小さいお子様でも読みやすい内容になっています。子供たちが失敗しても、そこには必ず「成長」があります。結果を出した子供たちよりも、失敗した子供たちのほうが「内面」は成長し、目には見えない「花」が咲いているかもしれません。

出版社「梓書院」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。