絵本

うちゅうひこうしに なりたいな

宇宙飛行士になった気持ちになれる絵本。宇宙に想いを馳せてみませんか?

この絵本の内容紹介あらすじ

宇宙飛行士って格好いいですよね。ロケットやスペースシャトルはもちろんのこと、打ち上げの迫力も魅力的です。
宇宙服を自分が着た姿を想像するだけでもとってもワクワクしちゃいますね。

そんな格好いい宇宙飛行士は、宇宙でどんなことをするのでしょう?
この絵本では、宇宙空間を一緒に体験できるワクワクする絵本です。

いろんな人種の仲間とともにスペースシャトルに乗り込んで、大迫力の打ち上げで宇宙に飛び出していきます。
丸い地球を見下ろしながら、様々なすごい研究をたくさん行います。
無重力空間で逆立ちで宇宙食を食べたり、ふわふわ浮いて眠ります。

みんなの憧れる宇宙服をしっかり着たら、船外活動を行います。
人工衛星の故障を直したり、宇宙基地の組み立ても行います。

いっときの間、宇宙で過ごしたら、最後は地球に帰ってきます。

この絵本は、シンプルで色鮮やかなイラストとシンプルでわかりやすい文章で構成されていますので、小さなお子さんも楽しく読み進めることができます。

寝る前のひととき、親子で読み聞かせを楽しみながら、宇宙に想いを馳せてみるのはいかがでしょう。きっと素敵な夢が見れるはずです!

出版社からの内容紹介

うちゅうひこうしになりたい。
スペースシャトルにのって、うちゅうめざしてとんでいくんだ。

大人と子どもが一緒に宇宙空間を体験できる、楽しさあふれる絵本です。

子どもたちに大人気の絵本作家、バイロン・バートンによる、宇宙飛行士の絵本。宇宙飛行士が、宇宙でどんな仕事をしているのか、どんなふうに過ごしているのかを、シンプルで鮮やかな絵と、簡潔で分かりやすい文章によって、ちいさな子どもたちにも無理なくわかるように描いています。
プレゼント絵本としても、ぴったりです。

出版社「ポプラ社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。