絵本
てのひらむかしばなし

うばのかわ

出版社からの内容紹介あらすじ

恐ろしい大蛇のところへ嫁にいく難をのがれ、ひとりきりになった娘。行く道をまもってくれたのは、年寄り婆のくれたふしぎな皮だった。娘のまっすぐな心が、細やかな情景描写のなかに描きだされます。

出版社「岩波書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。