絵本

つないだ てとて 卒園するあなたへママが贈る歌

子どもが生まれてから卒園を迎えるまでの成長と思い出を描く卒園ソング絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

赤ちゃんだった頃の手の感触、覚えていますか?初めて出会った命。その日からママになった日のことを。

この絵本は、小さかった『て』が、大きくなっていく様子を思い返すように優しく描かれています。たんぽぽのわたげを飛ばして歩いたことや、入園式で歩いたこと、握手でお友達と仲直りしたこと…思い返せば様々なシーンで『て』をとりあっていました。

卒園までの様々なシーンを思い返すかのように、この絵本では一瞬一瞬の思い出や、見落としてしまいがちな日常を振り返ってみることができます。

この絵本に出てくる女の子のように、もしかしたら家族が増えた子もいるかもしれません。ミルクのにおいがしていた子が、『て』を繋いで卒園するシーンでは胸がじんわりと熱くなります。自分やお子さんとの思い出に想いを馳せながら、振り返って読んでいただける絵本です。

文章は、作者のすとうあさえさんが書かれた『つないだてとて』という歌そのままの歌詞です。最後のページに歌詞がまとめて載っておりますので、音楽に合わせてお子さんと歌ってみるのも素敵ですよね。

いよいよやってくる卒園の時。ママの子どもへの想いが真っ直ぐに描かれています。産まれてからのお子さんの成長を思い返しながら、その成長の喜びを伝えるきっかけとなる絵本です。

出版社からの内容紹介

おおきくなったね――。子どもが誕生した日から卒園を迎えるまでの、たくさんの幸せな思い出をつづる“卒園ソング絵本”です。
生まれてきた日、笑顔を見せてくれた日、初めて歩いた日、入園式の日、友だちとケンカした日、思い切り走った日……キラキラと輝く子どもとの日々を、歌にのせてふり返ることができます。巻末に楽譜付き。

出版社「佼成出版社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。