絵本

とうふちゃん

出版社からの内容紹介あらすじ

「おなべ」の材料といったら、ニンジン、長ネギ、白菜、肉、いろんなきのこ…、そして、おとうふ。
どなべどんの「おなべにするよー」のひとことで、みんなゾロゾロやってきます。
ところが、とうふちゃんがこない。
やってきた!と思ったら…?
はたして、「おなべ」はでき上がるのか?

なんだかバカバカしくて、クセになる。
おもわず吹き出してしまう絵本です。
「おなべ」と同じく、頭と心がほかほか温まる。
熱々のうちに、ぜひどうぞ。

あだちともさんからのメッセージ

「おーい、とうふちゃーん」と呼ばれて出てくるとうふちゃん、実は絹ごし豆腐なんです。
白いお肌はぷるるんすべすべ、だけど意外としっかり者。
そんなとうふちゃん達の姿を楽しんで読んでもらえると、嬉しいです。

絵本「とうふちゃん」の一コマ

絵本「とうふちゃん」の一コマ

出版社「絵本館」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。