絵本

トントンがゆく

出版社からの内容紹介あらすじ

「ホッホッホッ」何を笑っているの
何だかわからないけど「ホッホッホッ」
大きな声で「ホッホッホッ」

「ナンセンス絵本は未知との遭遇」

ピンクのぞうトントンが道をゆくと、正体のわからない者が次々とやってきました。
困るかと思いきや、トントンはタイコを叩く。
すると・・・!?
「未知との遭遇」が大好きな子どもへ。

きむらよしおさんからのメッセージ

「トントントン」たいこの音は魔法の音です。
「ホッホッホッ」も魔法の笑い声です。
意味とは関わりなく体や自然が反応する、人と人や自然との交換、コミュニケーションのあり方のひとつとも言えます。
言葉(意味)の外にあるものは、見る人によっていかようにも理解し楽しむことができます。
大きな声で読んで大いに楽しんでください。

絵本「トントンがゆく」の一コマ

絵本「トントンがゆく」の一コマ

出版社「絵本館」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。