絵本

ともだちできたよ

この絵本の内容紹介あらすじ

うさぎには友達がいません。いつもひとりで池を見ていました。

「だれか ともだちに なってくれないかなぁ。だれでも いいから」

ある日、うさぎがそんなことを呟くと、どこからともなく声が聞こえてきました。

「ほんとに だれでも いいのか。だれでも」

うさぎは慌てて「だあれ?」と問いかけますが、返事はありません。返事の代わりのように、冷たい風が吹くのでした。そして翌日、うさぎが池に出掛けると、切り株の上に置き手紙がありました。

「うさぎへ おれと ともだちに ならないか っぱより」

水に濡れて「っぱ」の上にある一文字が滲んで読めません。そこで、うさぎは手紙の差出主を探し始めます。

もしかしたら「はっぱさん」かもしれない。葉っぱの帽子が似合うリスかもしれないと考えます。うさぎは、葉っぱの帽子が似合うリスを見かけると、「ともだちに なりましょう」と呼び止めました。

ところが、「ふん、うさぎとなんか。おれは これから しかと あそぶのさ」と言って、そっけない態度で通り過ぎます。

うさぎは落ち込みながらも手紙の差出主を考えます。すると、どこからともなくラッパの音が聞こえてきました。

もしかしたら「らっぱさん」かもしれない。そう考えていると、ラッパを吹くキツネがやって来ました。うさぎは、上手にラッパを吹くキツネを見かけると、「ともだちに なりましょう」と呼び止めました。

ところが、「なーんだ、うさぎか。ぼくは これから おしろへ いくのさ。じょうおうさまに よばれてね」と言って、そっけない態度で通り過ぎます。

そう言われて、さらに落ち込むうさぎ。手紙の差出主は一体誰なのでしょう。そして、うさぎは友達ができるのでしょうか。

出版社からの内容紹介

友だちが欲しいうさぎは、「おれと友だちにならないか」という手紙をもらいますが、名前が消えて読めません。りすでもないし、きつねでもありませんでした。雨が降ってきて・・・
第18回「日本絵本賞」受賞!

出版社「文研出版」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。