絵本

とくん とくん

出版社からの内容紹介あらすじ

水族館が好きな少女が、いつものように水族館に遊びに行くと、水槽はすべて空っぽで、黒い大きな目の少年が、ぽつんと立っています。帰り方がわからないというその少年を、少女はおくっていってあげることにしました。少年は、湖に近づくと、走っていって、そのままざぶーんと、湖にとびこんでしまいました。じつはこの少年の正体は……。幻想的な物語。片山健の油絵がふしぎな異世界をみごとに描き出しています。

絵本「とくん とくん」の一コマ

絵本「とくん とくん」の一コマ

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。