絵本

ちいさなミリーとイルカ

出版社からの内容紹介あらすじ

小さなミリーは、今日はおふろに入らないと強情をはっています。おふろの排水口から、こわーい何かが出てくるからと言うのです。困ったパパは考えます。さて、どうするか? ミリーとパパとネコのソーフスだけの家庭での出来事を、個性的な会話と北国の涼しい空気を感じさせる色あざやかな水彩画で暖かく表現する珍しい絵本。

出版社「岩波書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。