絵本

小さいのが大きくて、大きいのが小さかったら

出版社からの内容紹介あらすじ

大きなネズミと小さなネコ、大きな子ヒツジと小さなオオカミ、大きなミミズと小さなニワトリ!? ネコにおびえるネズミが、「もし、小さい生きものが大きくなったらさ……」と次々に想像します。あたたかみのあるタッチで描かれる生きものたちは迫力満点。めくってびっくり、楽しいドイツの絵本です。

出版社「岩波書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。