絵本

ちいさいきみとおおきいぼく

独りぼっちはこんなにも寂しい。隣にいるだけでこんなに心が温かい。共に生きる喜びを描いた絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

丘の上の大きな木の下で、大きいオオカミはずっとひとりで暮らしていました。

とても晴れたある日、大きいオオカミが日向ぼっこをしていると、遠くの野原に何かが見えました。

その何かは段々と近づいてきます。自分より大きい奴が来たらどうしよう。大きいオオカミの不安は募ります。

ところが、その不安は微塵もなくなります。近づいてきたのは、とても小さなオオカミだったのです。

小さいオオカミは、丘の上に登ると、当たり前のように大きいオオカミの隣に来ました。そして、当たり前のように日向ぼっこを始めました。

ふたりは、言葉を交わすこともなく、ときどき横目でチラッと見るだけ。

夜になっても、小さいオオカミは当たり前のように隣にいます。ずっと独りぼっちだった大きいオオカミは、こんな感じも悪くないなと思いました。

大きいオオカミがゴロンと寝転ぶと、小さいオオカミも同じようにゴロンと寝転びます。小さいオオカミの鼻先が震えていると、大きいオオカミは毛布をそっと分けてあげるのでした。

翌朝、大きいオオカミが目を覚ますと、隣には小さいオオカミ。大きいオオカミがいつものように木登りを始めると、小さいオオカミも木登りを始めます。

自分よりも木登りが上手だったらどうしよう。大きいオオカミは心配になりますが、小さいオオカミは木登りが下手なのです。木の上から滑って、尻餅をつきます。それでも諦めずに登ってくると、大きいオオカミは感心します。

そして、大きいオオカミが木の上で朝の体操を始めると、小さいオオカミも同じように朝の体操を始めます。

それが終わると、次は朝ご飯。大きいオオカミが果物をパクリと食べ始めると、隣で小さいオオカミが生唾を飲みます。そこで、小さいオオカミにご飯を分けてあげることにしました。小さいオオカミは、それをパクパク食べ始め、お皿が空になると満足した様子です。

ご飯の後は、お散歩です。大きいオオカミが丘を下りて振り返ると、木の下には小さいオオカミが座っています。麦畑を通り抜けてから振り返ると、同じ場所で小さいオオカミが座っています。森の入り口で振り返ると、豆粒みたいに小さなオオカミが見えます。それが可笑しかったのか、大きいオオカミはクスクス笑いながら遠くまで歩きます。

森を抜けた頃には、小さいオオカミの姿はもう見えません。とても遠くまで歩いたのです。大きいオオカミは、そろそろ帰るかと、来た道を戻り始めました。

ところが、どこまで近づいても小さいオオカミの姿が見えません。段々と心配になった大きいオオカミは、いよいよ走って戻ります。そして、丘の上を一気に駆け上がりますが、木の下に小さなオオカミの姿はありませんでした。

大きいオオカミは、また独りぼっちになったのです。前と同じに戻っただけなのに、食欲もなければ、眠る気にもなれません。大きいオオカミにとって、こんな気持ちになったのは初めてのことでした。

独りぼっちで満たされない気持ちのまま、大きいオオカミはいつまでも小さいオオカミを待っています。もし戻ってきたら、あれをしてあげよう、これをしてあげようと想像しながら、大きいオオカミは待ち続けます。

大きいオオカミは、このまま独りぼっちなのでしょうか。小さいオオカミはどこへ行ってしまったのでしょう。


言葉を交わさずとも、友情を育むオオカミ達。独りぼっちがらどれだけ寂しいか、隣に誰かがいるだけでどれだけ嬉しいか、誰かが一緒にいてくれることの素晴らしさを描きます。

出版社からの内容紹介

ずっとひとりだった大きいオオカミのところに、ある日小さいオオカミがやってきて…。誰かと共に生きる、ぬくもりを伝える物語。

出版社「ポプラ社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。