絵本

シオドアとものいうきのこ

えらくなりすぎた ねずみのはなし

「クィルプ!」と不思議な音を立てるキノコ。それを見つけた野ねずみは、物言うキノコだと仲間達に嘘をつき・・・。

この絵本の内容紹介あらすじ

古いカシの木の切り株に4匹の仲間が住んでいました。4匹は、トカゲとカエルとカメと、それからシオドアという名前のねずみ。

仲間達は互いに自慢を始めました。「ぼくの しっぽは きれたって すぐ はえかわるんだ」とトカゲが言えば、「ぼく みずに もぐれるよ」とカエルが言い、「ぼくは はこに なれる」とカメは言います。ところが、シオドアには自慢できるほどの特技がありません。顔を赤らめながら「ぼく にげられる」と言うと、3匹は馬鹿にしたように大笑い。

シオドアはとても臆病なねずみです。ある日、木の葉がひらひら落ちてくると、フクロウだと勘違いして慌てて逃げ出します。そして、大きなキノコを見つけ、その下に隠れました。シオドアはあまりの怖さに、隠れたのが真っ青な見たこともないキノコだと気づきません。

慌てて逃げたので、シオドアは疲れ果てて、今にも眠り込んでしまいそう。そんなとき、突然と「クィルプ!」という音が聞こえました。

その音に臆病なシオドアはびっくり。ところが、周りを見渡してもキノコがあるだけです。シオドアは夢でも見たのかと考え、涼しいキノコの影に戻りました。そして眠り込みそうになっていると、「クィルプ!」という音がまた聞こえてきました。

この音の正体は、シオドアが涼んでいた真っ青なキノコ。「きみ くちがきけるの?」とシオドアが尋ねますが、キノコは何も答えません。「クィルプ!」という音を立てるだけで、話すわけではないのです。そして、そのキノコを眺めていると、シオドアは突然と良い考えが浮かび、仲間の元に戻りました。

「だいじな はなしがある。さっき ぼくは ものいうきのこを みつけた。せかいに ただひとつしか ないんだ。それは しんりの きのこで,ぼくは そのことばが わかるように なった」

シオドアは秘密を打ち明けるかのように語り、仲間達を連れてキノコの元へと案内しました。

そして青いキノコの元に辿り着くと、「きのこよ かたれ!」とシオドアが命令します。すると、「クィルプ!」とキノコが音を立てました。

この「クィルプ!」という意味を理解できる仲間はいません。全ての動物の中でねずみが一番偉いということだと、シオドアは知ったように説明するのでした。

それからというもの、シオドアはすっかり偉くなりました。シオドアの発見は各所へ広まり、仲間達は冠を作って讃え、動物達は遠くからでも花輪を持って訪ねてきます。

そんなある日、シオドアは3匹の仲間とともに旅に出ました。ヒースの野原を抜けて、森の端まで進むと、その先には越えたことのない丘がありました。

その丘を登って頂上に着くと、下の谷間には何百も群生する青いキノコが「クィルプ!」の大合唱を響かせています。世界に一つしかないはずの青いキノコ。その群生を発見した仲間達は・・・。


嘘をつくと最後に大惨事が待っています。理由はともあれ、嘘をつくことは良くないことだと実感するはずです。

また、自慢して他人を見下すというのも感心し難い行いです。誰かを見下すような考えがあったからこそ、3匹の仲間達はシオドアの口車に乗せられたのかもしれません。

誰が上で、誰が下か。損得勘定のような付き合いをしていると、本当の友情は築けないのでしょう。この絵本から、そのようなメッセージが伝わってくるかのようです。

出版社からの内容紹介

みんなに自慢できることがなくて悩んでいた臆病ねずみのシオドア。ある日不思議なきのこを見つけて…

出版社「好学社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。