絵本

天のかみさま金んつなください

日本の昔話

出版社からの内容紹介あらすじ

母さんが町へ買い物に出かけ、家で三兄弟が留守番をしていると、戸を叩くものがありました。それは、母さんを名乗った山姥でした。なんども母さんのふりをしてやって来る山姥に、ついにだまされ、三兄弟は家の戸を開けてしまいます。どうにかして山姥から逃げようと、兄弟は木によじ登り隠れますが、山姥に見つかり、追いつかれそうになります。逃げ場のない兄弟が天のかみさまに助けをお願いすると……。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。