絵本

たぬきえもん

山梨の昔話

出版社からの内容紹介あらすじ

ある日、役者のたぬきえもんが、隣村で芝居をしていると、おっかあが病気だという知らせが入ります。おっかあが心配で急いで家に帰ろうとしますが、化け物が出るという峠で日が暮れてしまいます。案の定、たぬきえもんは化け物につかまってしまいました。ところが、化け物はたぬきえもんを人間に化けたたぬきだと勘違いし、峠を通りたかったら、ほかにももっと化けてみろと言いました。山梨の昔話。

出版社「福音館書店」より
4歳5歳6歳日本の昔話・民話福音館書店
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。