絵本

たなばたまつり

日本に古くからある伝統的な七夕の過ごし方を丁寧に描いた絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

広い空に遠くにそびえる山々、ずっと広がる田園風景を背後にあぜ道を歩く子どもたち。道端には花々が咲いています。朴訥ぼくとうとした絵からリアルな場面が想像できて、絵本を広げただけでタイムスリップして絵本の世界に飛び込んだ気持ちになります。

この絵本は、日本に古くからある伝統的な七夕の過ごし方を描いています。

短冊にお願い事を書くために里芋の葉の露を集めて炭を擦って筆を作る、なんて現代の都会ではまずできないことですが、この絵本の中ではゆったりとした時間が流れていて、うらやましいなと思ってしまいますね。

また、七夕人形に自分たちの着物を着せて軒下につるす、というのもどこかの地方では残っている風習なのでしょうか。へぇ~こんなことするんだ~と興味深く読み進めることができるでしょう。

七夕飾りを作ってお供えの野菜などを準備したら、七夕の一日のはじまりです。
女の子たちは浴衣を着てお友達と遊んだあと、夜になると、みんなで提灯を灯して町を練り歩きます。
七夕の翌日は七夕の竹を川に流して七夕まつりは終わりを迎えます。

穏やかでちょっぴり切ない意外と知らない七夕の過ごし方が満載の絵本です。

出版社からの内容紹介

七夕祭りがきました。ちよこちゃんたちは六日の朝、里芋の葉から取った露で墨をすり願いごとを書いた短冊や、切り紙細工を竹に飾り、七夕人形に自分たちの着物を着せて軒下につるします。とりたての野菜を台にならべ、豊作を祈ってお供えをします。七日には、朝、お墓の掃除にいき、夜には提灯をもって歌をうたいながら町を練り歩きます。昔ながらの七夕の民俗をていねいに描いた絵本です。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。