絵本

太陽といっしよ

一人称視点で描かれた、不思議な世界に迷い込むような錯覚を覚える絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

太陽に向かってバンザイ。
これが太陽への挨拶です。

今日は、犬のルルと一緒にお出掛け。
自転車を漕ぎながら、ルルがその前を走ります。

友達も合流し、花畑の道を通り抜けます。花畑は、花のいい香りが溢れています。

そして、大きな木の下で一休み。木漏れ日が、ゆらゆらと地面を優しく照らします。

それから森に入ると、シカやウサギやタヌキやキリンやたくさんの目が見つめています。

その森で、とっても楽しいピクニック。色とりどりの弁当を広げます。

お昼を済ませると、今度は隠れんぼです。鬼役が目を閉じて数える間に、みんなはバラバラに隠れていきます。

ところが、気付くと森は不気味な霧に包まれていました。ズシンズシンと地響きを立てて恐竜までも現れます。

怖くなってルルと一緒に逃げ出すと、残っているのは自分の自転車だけ。友達の自転車はありませんでした。

夕陽に燃える森を背に、全速力でペダルを漕ぎます。


少年の視点で描かれた絵本です。コントラストの強いイラストと短い文章をテンポ良く読み進めていくうちに、一人称視点で描かれているからでしょうか、不思議な世界に迷い込むような錯覚を覚えます。

この絵本は、著者:新宮 晋氏の子どもの頃の思い出をもとに描かれました。

子どもの頃、家に錆だらけの自転車が一台ありました。そして、その自転車で世界中どこへでも行けると信じていました。大の仲良しの雑種の犬と自転車と、毎日が冒険と発見の連続だったと新宮氏は言います。そして、思い出の中では、いつも太陽が一緒だったのです。

出版社からの内容紹介

おはよう、太陽。いい天気だなあ。
お気に入りの自転車に乗って、愛犬といっしょに、でかけよう。
みどりの風、木もれ日、ピクニック、かくれんぼ……。
みんなでたのしくあそんでいたはずが、いつのまにかひとりに……。
どこからか恐竜の足跡が聞こえる? 気づけば日も暮れかけて、急に不安が募り、自転車で全速力で家路につきます。
どこまでもついてくる太陽を背に受けて、自然のなかでめいっぱいあそんでいるような気持ちにしてくれる絵本。
冒険と発見がつまって、きらきらとかがやく子どもの一日が、色あざやかに描かれています。
作者・新宮晋さんが、子ども時代の思い出をもとにつくられた絵本です。
子どもの冒険心を誘い、大人の記憶を呼び覚ます一冊です。

出版社「クレヨンハウス」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。