絵本

たいへんなひるね

この絵本の内容紹介あらすじ

ばばばあちゃんの四月の楽しみと言えば、外でお昼寝すること。さっそく押し入れからハンモックを取り出し、外に出掛けて行きました。

ところが、もう四月になったというのに外では雪が降っています。

「おーい、ふゆー。もう はる なんだから、いいかげんで いなくなっておくれ!!」

ばばばあちゃんは、雲に向かって言いますが、雪は止むどころか強くなるばかりです。

ばばばあちゃんが春を知らせる!?

「ようし!! いつまでも うろうろしてる ふゆなんか、おっぱらってやるよ」

ばばばあちゃんは何かを思い立つと、大きなラッパを家から持ち出しました。そして、「もう はるだようー」と森に向かってラッパを吹き、その勢いで森中を揺らしました。

すると、森の動物たちが春の知らせを聞いて、ばばばあちゃんのところに集まってきました。

それから今度は、ばばばあちゃんは地面に向かってラッパを吹き、地面をぐらぐら揺らしました。

すると、ヘビやモグラやカエル達が冬眠から目覚めて、ばばばあちゃんのところに集まってきました。

ばばばあちゃんの作戦開始!

ばばばあちゃんは、生き物達を集めると、今度は袋を配り始めました。そして、その袋に「もう はるだよー」と大きな声を詰め込むように頼みました。

「おーい、かみなりさん。―― ふゆを おいはらう おまじないを うちあげるんだ。てを かしておくれ」

袋が山積みになると、今度はカミナリさんの出番。ばばばあちゃんは、空に向かってラッパを吹き、カミナリさんに協力を頼みました。

カミナリさんの花火玉の打ち上げ

「なに、ふゆばっかしだなんて けしからん。おれさまの でばんが ないじゃないか。」

カミナリさんはそう言って、花火玉を持って来ました。ばばばあちゃんは、みんなと一緒に花火玉の中に袋を詰めていきました。

そうして花火玉が完成すると、あとは打ち上げるだけ。カミナリさんが勇ましく太鼓を叩き、火花を散らせると、花火玉は「ドッカーン」と勢いよく空に打ちあがり……。


ピクトブック編集部の雑談

アイコン画像

ばばばあちゃんの考えることは、いつもスケールが大きいなぁ。

アイコン画像

ばばばあちゃんの魅力はそこだよね。肝が据わっていると言うのかな。
突拍子もないけど、もし頼まれたら協力したくなっちゃうよね。

アイコン画像

打ち上がった花火玉、すごいことになるんだよね!

アイコン画像

おっと、話の続きは読んでからのお楽しみ!

出版社からの内容紹介

4月だというのに雪が降っています。外に出てハンモックで昼寝をしようと思っていたばばばあちゃんは、雪雲を追い払う計画をたて、森の動物たちを呼び出しました。みんなに袋を配り、中に「もう春だよー」という大声を詰め込んでもらうと、大声でいっぱいの袋を花火にして、雷さんに空に打ち上げてもらいました。空に大声が広がると、あたたかい風が吹いてきて……。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。