絵本

小学生のボクは、鬼のようなお母さんにナスビを売らされました。

厳しさも一種の愛情。作者の原田 剛氏が10歳のときに経験したことをもとに描かれた実話絵本。なぜ優しかったお母さんが、ある日突然、鬼のように恐ろしくなってしまったのだろう?

この絵本の内容紹介あらすじ

この絵本は、作者の原田 剛氏が10歳のときに実際に経験したお話をもとにしています。
四国の徳島県阿波市土成町という田舎町を舞台の中心としてこの絵本のお話は展開されます。

お父さんとお母さんはナスビ農家を営んでおり、食卓には売り物にならなかったナスビを使った料理がてんこ盛り。少年は、ナスビ料理に嫌気が差し、ナスビの鬼に追いかけられる夢を見るほどでした。

他の農家よりも稼ぐことができなかったので家は貧乏、ナスビ料理ばかりの食卓でしたが、それでも笑いの絶えない明るい家族でした。

しかし、ある日、お母さんは夢に出たような鬼になりました。売り物にならないナスビを袋詰めにすると、これを団地を回って売ってきなさい!と鬼の形相で言うのです。

最初はナスビがまったく売れずにお母さんに怒られます。怒られるのが嫌だった少年は、元気な声でナスビを売って回り、ようやく買ってくれる人が現れました。そうすると、やっとお母さんは笑ってくれたのです。

そんなある日、お母さんが白血病で倒れ、少年のナスビ売りは終わりました。それから4年後、お母さんは闘病生活ののちに亡くなりました。

あんなに明るいお母さんがなぜ鬼のように恐くなってしまったんだろうと少年は疑問でした。ある日、お父さんがその疑問に答えてくれます。お母さんは自分が近いうちに死ぬことを分かっていて、心を鬼にして、少年に生きる方法を教えようとしていたのです。

タイトルと表紙や挿絵がホラー物としか思えないような印象を与えますが、メッセージ性の深い素敵な絵本です。一見、虐待とも取られかねない内容も含んでいますが、しっかり読み取るとお母さんとお父さんの深い愛情が垣間見えます。

ちょっと刺激の強いメッセージの絵本ですが、現代の若者にとって必要な要素がふんだんに散りばめられた作品となっています。お子さんにここまでの経験をさせることはなかなか難しいですが、絵本をとおして生きる力を教えてあげてみてください。

出版社からの内容紹介

とっても優しかったお母さんが、突然鬼のようになりました。どうして、ボクは独りでナスビを売らないといけないの??? 今から30年以上も昔・・・実際にあったお話を絵本にしました。

インプレスから初の絵本! "草食系"の若者や、すぐ"凹む"若者、"打たれ弱い"若者が増えている現在、すべての子どもたち、そして、すべての母親・父親に読んで欲しい、徳島県の田舎町を舞台とした衝撃の実話です。

出版社「ワイヤーオレンジ(インプレス)」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。