絵本

スイミー

ちいさな かしこい さかなの はなし

逆境を乗り越えること、知恵を働かせること、個性を活かすこと、仲間と協力すること・・・。幻想的なイラストともに、様々な素晴らしさが詰まった物語。

この絵本の内容紹介あらすじ

広い海のあるところで小さな魚達が暮らしていました。その赤い魚達に混じって、一匹だけがカラスのように真っ黒。その魚の名前はスイミーです。

ある日、お腹を空かせた恐ろしいマグロが、小さな魚達の群れにミサイルのように突っ込んできました。そして、赤い魚達を一匹残らず一飲みにしてしまいました。

逃げ出せたのは、誰よりも速く泳げたスイミーだけ。独りぼっちで彷徨う暗い海の底は、恐くて、寂しくて、悲しいものでした。

ところが、悲観的なことばかりではありません。広い海には、スイミーがまだまだ知らない素晴らしいものがたくさんあったのです。虹色のゼリーのようなクラゲ、ブルドーザーのような伊勢海老、ヤシの木のようなイソギンチャク・・・。面白いものを見るたびに、スイミーは段々と元気を取り戻しました。

そんなある日、スイミーそっくりの魚の群れを岩陰で見つけました。

「でて こいよ,みんなで あそぼう。おもしろい ものが いっぱいだよ!」

そう言ってスイミーは誘いますが、「だめだよ。」と赤くて小さな魚達。その魚の群れは、大きな魚を恐れて岩陰から出られません。

スイミーは、この現状を何とかしようと考えに考えました。そして閃いたのが、みんな一緒に泳いで大きな魚のフリをすること。

大きな魚のフリをするコツは、離れ離れにならないようにそれぞれの持ち場を守ること。スイミーに教わりながら、小さくて赤い魚達は一生懸命に練習しました。

そしてようやく大きな魚のフリをして泳げるようになると、スイミーは「ぼくが,めに なろう。」と言いました。


このスイミーの物語から逆境を乗り越えることの素晴らしさや知恵を働かせることの大切さが伝わります。また、スイミーのようにみんなと違っても個性をどう活かすかが大事なのだと感じます。

谷川 俊太郎氏は、この絵本の翻訳を担当するにあたって、原本の持つ視覚的な美しさを損なわないようにすることを第一に考えたと言います。文章のレイアウトを原本に近づけるために、省略せざるを得ない場合もありましたが、俳句的な凝縮された表現を好む日本人には、かえって相応しいと考えたのです。
また、著者:レオ=レオニとの出会いは、絵本作家という存在が、本質的には絵描きであると同時に詩人なのだ気づかせてくれたと回顧します。

出版社からの内容紹介

小さな黒い魚スイミーは、兄弟みんなが大きな魚にのまれ、ひとりぼっちに。海を旅して出会った仲間と大きな魚に立ち向かいます。

出版社「好学社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。