絵本

スイミー

ちいさな かしこい さかなの はなし

仲間と協力し合うことの大切さを描いた絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

広い海のある場所でたくさんの小さな魚の兄弟たちが暮らしていました。でも、みんな赤い体なのに一匹だけ真っ黒な魚がいます。この真っ黒な魚がスイミーです。

魚の兄弟たちが平和に暮らしていたある日、お腹を空かせた大きなマグロが突然やってきて、兄弟たちを飲み込んでしまいます。泳ぐのが一番速いスイミーだけが逃げ切りますが、ひとりぼっちになってしまいました。

スイミーは怖くて真っ暗な海をひとり寂しく彷徨さまよいます。でも、海には素晴らしいものがたくさんあって、それらを見るたびに少しずつ元気を取り戻します。
虹色のゼリーのようなクラゲやブルドーザーのように迫力たっぷりの伊勢海老、風に揺れるヤシの木のようなイソギンチャク、スイミーにとって見るものすべてが新鮮に映りました。

そうして広い海を泳いでいるとスイミーそっくりの魚たちに出会います。スイミーが外の世界の素晴らしさを伝えようとしますが、その魚たちは大きな魚を恐れて、岩陰から出てこようとはしません。
そこでスイミーはみんなで力を合わせて大きな魚の振りをして泳ぐことを思いつくのでした。

どんなに大きくて強そうな相手でも仲間で力を合わせれば立ち向かえることを教えてくれる絵本です。みんなで協力し合うことの大切さがきっと伝わることでしょう。

出版社からの内容紹介

小さな黒い魚スイミーは、兄弟みんなが大きな魚にのまれ、ひとりぼっちに。海を旅して出会った仲間と大きな魚に立ち向かいます。

出版社「好学社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。