絵本

そばだんご

出版社からの内容紹介あらすじ

「そばだんごは うまいぞ」というネズミの口車にのってイタチは、せっせと働き始めた。種まき、水やり、草取り・・・、やがて花が咲き、実がついた。
刈り取って、干して、ようやく食べられると喜んだイタチ。ところが、ソバは、すっかり消えてしまった。がっかりして帰るイタチの耳に、とびこんできたのは、「そばだんご うまかった」と歌う、ネズミたちの声。
イタチは、くさーい、仕返しをしたということだ。

出版社「アスラン書房」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。