絵本

しずくのぼうけん

一滴一滴の水が途方もない旅を経てここにあるのだと実感できる絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

ある水曜日のこと、村のおばさんのバケツから一滴のしずくが飛び出してひとりぼっちの冒険が始まります。

冒険の始まりは裏庭です。どっちへ行っても埃だらけの裏庭でしずくはねずみ色に汚れてしまうのでした。

しずくは綺麗好きなのでクリーニング屋さんで綺麗にしてもらおうと出かけていきます。でも、このクリーニング屋さんはドライクリーニング専門店なので乾いてしまっては大変です。

困ってしまったしずくは、お医者さんに見てもらおうと次は病院へ出かけていきます。お医者さんに顕微鏡で診てもらうと体中ばい菌だらけ、鍋で煮て殺菌しようと言うのでしずくは慌てて病院を飛び出すのでした。

外に飛び出したしずくですが、次は太陽に照らされてたちまち水蒸気になったかと思うと、雲のところに昇っていくのでした。

雲のところに昇っていくと他のしずくと大集合、したと思えば雨となって空から地面に逆戻りするのでした。

それからも一滴のしずくの冒険はまだまだ続きます。寒くなると氷になったり、太陽に照らされて水に戻ったり、川の一部になったかと思えば水道水になったり。慌ただしいしずくの冒険はどこまでも続いていきます。

この絵本では、気温や場所によって水が液体から氷や水蒸気に変化していく不思議な様子が子どもでもわかりやすいように描かれています。水が巡り巡って循環するこの地球の壮大な仕組みを知ることができるお話です。

日常に当たり前のようにある、蛇口を捻ると簡単に出てくる水ですが、その水の一滴一滴が途方もない旅を経てここにあるのだと実感できることでしょう。

出版社からの内容紹介

バケツからぴしゃんと飛び出した水のしずくは冒険の旅へ。お日さまにぎらぎら照らされて水蒸気になったかと思ったら、空にのぼって雲のところへ……。今度は雨になって地上に逆戻り。地上では岩のあいだにはさまって、寒い夜に氷になったかと思えば、朝のお日さまに温められて再びしずくなって、川へと流れ出します。気温や場所によって変化する水の不思議を、子どもたちに親しみやすい「しずく」を主人公に描いたかがくの絵本です。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。