絵本
てのひらむかしばなし

しおふきうす

出版社からの内容紹介あらすじ

貧乏な弟が、一晩のうちにりっぱな屋敷をたて正月を迎えるとは、どうしたことだ? 欲深い兄は、弟の手に入れたふしぎな石臼をぬすみだすが……。海の水はなぜ辛いかを語る楽しい話。日本画風の絵が粋です。

出版社「岩波書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。