絵本

シンドバッドのさいごの航海

出版社からの内容紹介あらすじ

世界中のどんな宝よりも大切なものを見つけたシンドバッド。船乗りシンドバッドが語る航海の物語は、いよいよクライマックスに-。ペルシャの細密画やじゅうたんを調査し、緻密でユーモラスに描かれた千一夜絵本『シンドバッドの冒険』『シンドバッドと怪物の島』に続く完結編。

出版社「岩波書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。