絵本

しかけのないしかけえほん

予想外の発想が面白い!仕掛けはないけれど絵本のイラストを仕掛けに見立てて遊ぶ楽しい絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

仕掛けはないけれど絵本のイラストを仕掛けに見立てて遊ぶ楽しい絵本です。
仕掛けのない仕掛けを楽しめるかは読み手次第!と言っても絵本にしっかり従って純粋に、そして思いっきり絵本の世界観に浸ればそれだけで繰り返し楽しい絵本です。

「あ! とりがにげた! バサバサバサ つかまえてー!」っと書かれたページには見開きいっぱいの大きな鳥のイラスト。
絵本の両端を持ったら、絵本を開閉してバサバサ鳥が飛ぶ様子を表現します。

ボタンの描かれたページでは、ボタンを押すとママはジャンプしなければなりません。逆にママがボタンを押せばお子さんはジャンプしなければいけません。

この絵本の世界では、書かれたことを守るのがルール!
いつもは座ったり、寝転がったり、リラックスして絵本を楽しみますが、今回は飛び跳ねたり、追いかけっこしたりと大忙し!

ちょっと大変かもっと思うかもしれませんが、子どもと一緒になってはしゃいでみるのもたまには楽しいものです。お子さんと一緒に同じ時間を共有して過ごすのにもってこいの絵本です。

忙しくてお子さんと密な時間を過ごせてないかな、っと思った時には少しの時間でも濃密な時間をこの絵本とともに共有してみましょう!
かまってもらえないお子さんの寂しい気持ちはきっと解消されることでしょう。

出版社からの内容紹介

この絵本は、親が子供に話しかけながら、動物やカメラ、赤ちゃん、魔法のボタンなどに見立てて一緒に遊ぶ新しいしかけ絵本です。
順番を変えてみたり、テンポアップしたり、いろんなあそび方で繰り返し楽しむことができます。

親子がもっと仲良くなる楽しいしかけ遊びがいっぱいの絵本です。

出版社「幻冬舎」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。