絵本

セミとわたしはおないどし

出版社からの内容紹介あらすじ

小学1年生のみーこはいつも元気いっぱい。校庭で拾ったぬけがらからセミに興味をもちました。それから家族総出でぬけがら集め、並べてじっくり観察、図鑑で調べものをして、夜の公園で羽化の観察! 虫に特別興味があったわけではないみーこも、すっかりセミづくしの夏休みです。羽化するセミは同じ7才だと知り、自然や命への共感が芽生えます。コマ割りの絵でいきいき表現され、虫好きではない子どもたちも親しみやすい作品です。

絵本「セミとわたしはおないどし」の一コマ

絵本「セミとわたしはおないどし」の一コマ

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。