絵本

セコイア

世界で いちばん 高い木のはなし

出版社からの内容紹介あらすじ

少年がふと手にした本は“セコイア”について書かれたもの。読み進むうちにふしぎな事が起こりはじめる。「今あるセコイアの木が芽生えたのは、ローマ時代」だと知った少年のとなりにはローマ時代の人が座っている。本を読みつつ駅を出ると、そこはセコイアの森だった…… 簡明に語られるセコイアの情報と、セコイアの森に迷い込んだ少年の物語が、たくみに響きあい、セコイアのすべてを描きだす新しい視点の科学絵本。

絵本「セコイア 世界で いちばん 高い木のはなし」の一コマ

絵本「セコイア 世界で いちばん 高い木のはなし」の一コマ

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。