絵本

さる・るるる

出版社からの内容紹介あらすじ

「さる・くる」「さる・みる」「さる・とる」
愛嬌たっぷりのさるが「る」のつく動詞だけで見事なストーリーを展開します。

1979年初版のロングセラー絵本。
おかげさまで親子孫 3代でファンという方がおおぜいです。
リズムのよさと、何といってもさるの表情がおかしくて、この人気はとまりません。

五味太郎さんからのメッセージ

『さる・るるる』 は、 こんなふうに誕生した!
自然発生の言葉版の最初は、 たぶん『さる・るるる』だな。
これもぼくのクセ以外のなに ものでもないね、たぶん。
みんな『る』をつけると動詞ね、 とふっと気づいたのさ。シャワー浴びながら。
タオル腰に巻いたまま制作開始しました。
5時間半ぐらいでフィニッシュでした。新記録。

絵本「さる・るるる」の一コマ

出版社「絵本館」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。