絵本
朝鮮のむかしばなし

さんねん峠

出版社からの内容紹介あらすじ

ころぶと3年しか生きられないといわれている「さんねん峠」で、いそいでいたおじいさんがころんでしまった。さあ大変!
病気になってねこんでしまったおじいさんを助けるために、ある日、トルトリ少年がいいことを思いついておじいさんのお見舞いにかけつけましたが…。

出版社「岩崎書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。