絵本

さかさま

逆さに回すと、赤い星のお話は青い星のお話に変わり、逆に青い星のお話は赤い星のお話に!?

この絵本の内容紹介あらすじ

「赤い星」と「青い星」の人々は、それぞれ幸せに暮らしていました。

赤い星には、たくさんの人が元気に暮らしています。毎日、滑り台やブランコやプールで遊んで笑い声が絶えません。

赤い星の人々は、遊ぶだけでなく、働くことも大好きです。工場で火の種を作ると次はその種を畑に植えて大事に大事に育てるのです。火の種は暖かくないと育たないので絶え間なく火を灯します。

火の種を大切に育てると一日で骨つき肉が生えてきます。赤い星の人々はたくさん食べるので病気一つなく元気に暮らせるのです。

ところが、ある頃を境に青い星から風に乗って変なニオイが流れてくるようになります。それだけでなく、雨も降ってくるようになると火の種が上手に育たず食べ物にも困るようになりました。

一方、青い星にもたくさんの人々が楽しく暮らしていました。本を読んだり、甘いフルーツの味がする海で泳いだり、とても充実した日々を送っています。

青い星の人々は、考えたり、作ったり、調べたりすることも大得意、それから綺麗好きなのでいつもピカピカに掃除しています。

青い星の人々は、ゼリーを食べて暮らしています。青い木の実と海の水があれば、いろんな味が作り出せるので飽きることはありません。

ところが、ある頃を境に赤い星から煙が飛んでくるようになり、大切な海が汚れ始めます。それに加えて、赤い星は夜も明るくてうるさいので眠ることもできません。子ども達の笑い声も途絶えてしまいました。

そこで、青い星の人々は子ども達の元気を取り戻すために「水花火」を空いっぱいに打ち上げることにします。

それぞれ幸せに暮らしていたはずの「赤い星」と「青い星」の人々は、だんだんといがみ合うようになって、しまいには争い始めるようになります。

それに加えて、二つの星の間に浮かぶ「黄色い星」を巡って争いは激しくなります。
赤い星の人々は黄色い星を火の神様と崇め、青い星の人々は黄色い星を知識のライオンと呼び崇めていたのです。

この絵本は、お互いにどうしたらよかったのだろうかと読者に問いかけます。同じ世界の出来事なのに立場を変えると見え方がまったく変わる物語構成となっています。

赤い星のお話を読み終わったら絵本を逆さに回します。逆に青い星のお話を読み終わったら絵本を逆さに回します。すると、赤い星のお話は青い星のお話に変わり、逆に青い星のお話は赤い星のお話に変わります。

今までになかった画期的な絵本をとおして、立場の違う人々が手を取り合って平和に暮らすにはどうしたらいいだろうかと考えてみましょう。この絵本は、想像力だけが世界を救うと語りかけてきます。

出版社からの内容紹介

2つの物語が同時に進む、画期的な絵本! 自分が「正しい」と思っていることは、ほかのだれかにとっても「正しい」の? まず、2人で向き合って読んでみてください。あるいは、1人でも。最後まで読んだら、本をさかさまにしてもう1つのお話を読んでください。―― 同じ世界の出来事でも、こんなに違って見えるなんて……!

第 6 回リブロ絵本大賞 第 7 位入賞!
第 50 回造本装幀コンクール 入賞!(日本印刷産業連合会会長賞受賞)

「赤い星」と「青い星」の人々は、それぞれ幸せに暮らしていました。
しかし、しだいに隣の星からくる匂いや煙が気になってきました。
そして戦いが始まり……幸せな生活を取り戻すために、どうすればいいのーー? 

同じ世界の出来事を見ていても、視点や価値観によって見え方は変わってきます。わたしたちも、相手の立場をよく理解していないばかりに、いつの間にか相手を傷つけている、ということはないでしょうか?

本書は、1人で、あるいは2人で向かい合ってそれぞれの物語を読み、そのあと本をひっくり返してもう1つのストーリーを読むことを通じて、お互いの立場や主張について思いやり、考える体験をすることを目的としています。

出版社「Discover 21」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。