絵本

さかなはさかな

かえるの まねした さかなの はなし

この絵本の内容紹介あらすじ

ある森の池に一匹のオタマジャクシと一匹の魚が楽しそうに暮らしています。
ある夜のこと、オタマジャクシは二本の足が生えていることに気づきます。そして、「かえるは かえる さかなは さかな そういうことさ!」と言って自慢げな様子です。

月日が流れるとオタマジャクシはカエルになって、水の中から陸に上がり、どこかへ行ってしまいます。そして、いつまでたっても帰ってこないカエルのことが魚は気になって仕方がありませんでした。

そんなある日、カエルが嬉しそうに森の池に帰ってきます。カエルはいろんなところを巡ってはいろんなものを見てきたと言うのです。カエルが見てきた世界に魚は興味津々。

カエルは、鳥や牛、人間のことを楽しそうに話すので、魚は想像が広がって眠れません。そして、魚はカエルの見た世界が羨ましくてたまらなくなりました。

とうとう魚は陸に上がろうと勢いよく飛び跳ねます。ところが、陸に上がった魚は息も動くこともできずに弱っていきます。
運よく近くにいたカエルが魚を助けて一命を取り留めるのですが、水に戻った魚は自分の過ごす水の中の環境もとても輝いていて素晴らしいことに気づくのでした。


自分の知らない世界はとても輝いて見える反面、自分の今見ている環境の素晴らしさに気づかないことは多々あるでしょう。私たちにとっては、魚の住む水の世界が輝いて見えることもあるのではないでしょうか。それでも、自分のまわりにも素敵なことはたくさんあるはずです。

この絵本は、自分の置かれた環境を見つめ直すことの大切さを教えてくれます。

出版社からの内容紹介

友達のかえるから外の世界の話を聞いた魚は、あれこれ想像して鳥や牛、人間の姿を思い浮かべます。どうしても外へ行きたくなって…

出版社「好学社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。