絵本

ロボとピュータのはいくえほん なつやすみのまき

出版社からの内容紹介あらすじ

夏休みの朝、ピュータは、お父さんのロボから、俳句を教わりました。ピュータはさっそく作ります。「おおごえをぼくがだしたらせみとんだ」俳句って、おもしろいなあ! ピュータは、花火をして、海で、キャンプ場で、友だちも犬も猫もいっしょに、俳句を作ります。せみのからふんばっているいしのうえ」「かきごおりあたまのしんがつんとする」さあ、これはだれの俳句かな?楽しい俳句がいっぱいの絵本です。

絵本「ロボとピュータのはいくえほん なつやすみのまき」の一コマ

絵本「ロボとピュータのはいくえほん なつやすみのまき」の一コマ

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。