絵本

りすのナトキンのおはなし

出版社からの内容紹介あらすじ

いたずらリスのナトキン、しっぽが大変なことに!

湖のそばに仲間と暮らす赤リスのナトキン。リスたちは湖の真ん中のフクロウのブラウンじいさまが住む島まで、木の実を毎日のように取りに行きます。じいさまには、みんなモグラや魚や虫をお礼にと持参しますが、礼儀知らずのナトキンは手ぶらの上に、いつも無礼ななぞなぞをじいさまにふっかけてはふざけます。度重なる子リスの悪行にとうとう堪忍袋の尾が切れたじいさまは、ナトキンを捕まえてしまいます。ほうほうの体で逃げ出したナトキンは……?

絵本「りすのナトキンのおはなし」の一コマ

絵本「りすのナトキンのおはなし」の一コマ

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。