絵本

ピンク、ぺっこん

ヤマメの子ども達の生きる姿をとおして、山の営みを描き出した絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

夏の初めの山奥、きらきら流れる川の水は、冷たくてとっても気持ちがいいのです。そんな川の中を泳ぐのは、ヤマメの子ども達です。

ピンクの尾びれが自慢のヤマメの子ども達は、とってもお腹が空いており、みんな虫を食べようと狙っています。

一匹のヤマメの子どもが、虫かと思って食いついてみますが、それは川を流れる葉っぱです。ヤマメの子ども達はお腹がペコペコに空いており、虫を探していると川面を飛ぶカゲロウを見つけます。

ヤマメの子ども:ピンクは、カゲロウ目がけて川面に飛び出しますが、カゲロウを狙っていたのはヤマメだけではありません。川を泳ぐ別の魚もカゲロウを狙っているのです。結局、カゲロウはヤマメよりも大きなイワナに食べられてしまいます。

ところが、イワナがカゲロウ目がけて飛び出すのを狙っているのは、ヤマセミです。イワナがカゲロウを捕食した瞬間、次はヤマセミがイワナを捕食してしまいます。ピンクは、間一髪で逃げ出すことができたのです。

ピンクは、川面の虫を見つけると、次は静かに静かに近づいて、パクッと口に入れますが、それは虫ではなく釣りの疑似餌ぎじえだったのです。ピンクはこのまま釣られてしまうのでしょうか。

ヤマメの子ども達の生きる姿をとおして、山の営みを描き出した絵本です。自然の美しさや厳しさをきっと感じられるでしょう。

出版社からの内容紹介

春に生まれたヤマメの子ども、ピンク。おなかはいつもぺこぺこ、ぺこぺこのぺっこん! どこかにおいしいえさはないかな? 川のなかをすーいすい泳げば、ときどき怖い目にもあうけど、ピンクは毎日元気いっぱい! ヤマメのピンクの生涯を描くシリーズの第一作目。人気絵本作家のデビュー作。

出版社「徳間書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。