絵本

ペンギンたいそう

愛らしいペンギンが体操を披露!ペンギンのチャーミングな仕草を真似しながら親子一緒に体操してみよう!

この絵本の内容紹介あらすじ

ペンギン体操の始まりは深呼吸から。
両手を広げて息を目一杯吸ったら、体の力を抜いて息を吐きます。

次は首をぐんと伸ばして、それから次は縮めます。

その次は空を飛ぶ鳥のように腕をパタパタと振ります。

それから大きく足を上げながら「いっち に いっち に」と交互に足踏み。

お腹と頭をペタンと付けて体を丸めます。

そして次は小さくジャンプ。その次は大きくジャンプ。

最後はフリフリとお尻を可愛く振ったらおしまいです。

ペンギンの愛らしい仕草を真似しながら体を楽しく動かしてみましょう。ラジオ体操はまだまだ難しいという年頃の子ども達も「ぺんぎんたいそう」なら楽しく真似することができるはず。

動物園や水族館でおなじみのペンギンは、ユニークでチャーミングな仕草で惹きつけれくれますよね。この「ぺんぎんたいそう」は、そのキュートな仕草を凝縮したような体操に仕上がっています。

絵本を読みながら気づけば体が動き出してしまうような絵本です。ぜひ親子一緒に「ぺんぎんたいそう」を楽しんでみましょう!

出版社からの内容紹介

「ぺんぎんたいそうはじめるよ。いきをすって~、はいて~。くびをのばして~、ちぢめて~。おなかとあたまをぴったんこ」。水族館や動物園でおなじみのペンギン。そのユニークな動きや、伸び縮みをして姿かたちが変わる様子は、まるで体操をしているかのようです。読みながら、思わず身体が動いてしまう絵本ができました。絵本を読んだあとは、ぜひ、お子さんといっしょに体操して楽しんでみてください。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。