絵本

ペンギンかぞくのおひっこし

子ども達にもわかりやすく環境について考えてみる機会を与えてくれる絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

地球がどんどん暖かくなって、ペンギン達の氷のお家が溶けてしまったので84羽のペンギン家族はお引越しすることにします。

ペンギン家族は、もっと素敵な場所があるはずだと希望を持って、氷の船に乗り込みました。

南のほうにとても綺麗な海があるという噂を頼りにペンギン達は旅立ちますが、ペンギン家族がたどり着いたのは黒く濁った海です。こんなところには住めないとペンギン達は旅を再開します。

次は、東のほうにとても綺麗な原っぱがあるという噂を頼りにペンギン達は旅を続けますが、ペンギン家族がたどり着いたのは煙でもくもく曇った工場地帯です。ここも諦めてペンギン達は旅を再開します。

ペンギン家族は、西へ北へ・・・・と旅を続けますが、快適に住める場所を見つけることはできるのでしょうか。それとも、地球で住むことを諦めるしかないのでしょうか・・・。

この絵本は、地球温暖化や温室効果ガスの影響について、小さな子ども達にもわかりやすく描いたペンギン家族のお話です。

絵本に登場する84羽のペンギン達は、1997年に京都で開催された「地球環境に関する国際会議」で、京都議定書に最初に署名した84カ国を象徴しています。

各家庭でも環境について考えてみる機会を作ってみてはいかがでしょう。この絵本は、その機会を作るきっかけを与えてくれるはずです。

「電気は付けっぱなしにしない」「近くは公共交通機関を利用したり、歩いて出かける」「ゴミはルールを守って分別する」といった私たちにもできることがたくさんあるはずです。

出版社からの内容紹介

小さな子どもにもわかる環境を考える絵本

イタリア在住で、世界で活躍する刀根里衣さんの新刊絵本。
刀根里衣さんのこのシリーズは、動物の家族・兄弟が主人公の幼児向けのストーリー絵本です。
「うさぎ」「ひつじ」「カエル」に続き、今回は「ペンギン」のお話です。

ペンギンの家族は、住んでいる氷が狭くなってきたので、もっとすてきな場所を探してお引っ越しすることにしました。
「南の方にきれいな海があるって聞いたよ!」
「よおし、いってみよう」
ところが、そこには、真っ黒な海しかありません。
「北の方に・・・・・」
どこに行っても、すてきな場所は、どこにもありません。

さあ、ペンギンの家族は、どうするのでしょうか?
住むのにぴったりなすてきな場所を見つけることができるのでしょうか?

物語に登場する84羽のペンギンは、1997年に開かれた地球環境を考える国際会議で採択された京都議定書に署名した84か国を象徴しています。

小さな子どもたちにも理解できる言葉で語りかけます。

出版社「小学館」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。