絵本

パパとあたしのキャンプ

パパと娘のキャンプ体験!初めての山での暮らしはどうだったかな?

この絵本の内容紹介あらすじ

今日は、あこちゃんがパパとキャンプに行く日。パパは朝から支度で大忙し。
あこちゃんもパパの様子にお気に入りの三つ編みはがまんします。

車で長い山道をすすみ、キャンプ場に到着すると広い野原に犬のサスケも大喜び!

さっそくパパと一緒に初めてのテントづくりです。出来上がったテントは洞穴みたいで気持ちいい!
次は焚火の準備です。うっかりパパがやけどをしてしまったら、氷水で手当てです。保育園で教えてもらったから、あこちゃんだって立派にパパを助けられます。

そうして、ようやく夕食のできあがり。焚火で焼いたごはんはとってもおいしくて毎日でも食べたいくらいです。

夜、初めて慣れないテントの中で寝たあこちゃんは、ふと不安になって目が覚めます。暗い中で一人ぼっちになってしまったの?
でも大丈夫、パパはいつでもそばにいます。

やっと取れた休みを使って、慣れないことに四苦八苦しているパパですが、甘えたい年頃のあこちゃんがしっかりフォローをしてあげて頼もしいですね。

パパと二人暮らしのようで、夜「お母さんもいないのにお父さんも‥」と目覚めてしまう場面には切なくなりますが、翌日の水遊びで親子のきずなが深まっていく様子にほっとします。

文字数も少なく、小さいお子さんが初めてキャンプを知るのにちょうどいい絵本です。お父さんがキャンプの前に娘さんに読んであげるのも素敵ですね。

出版社からの内容紹介

パパとの初めてのキャンプ体験を通して、親子のふれあいとすこやかな子どもの姿を優しい筆づかいで描く夏の絵本。

出版社「ひさかたチャイルド」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。