絵本

パンダのあかちゃん おっとっと

「おっとっと おっとっと」のリズミカルなフレーズがクセになる繰り返し絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

パンダの赤ちゃんが片足立ちで、「おっとっと おっとっと」とバランスを取ります。

りす君も一緒に「おっとっと おっとっと」とバランスを取ります。

ところが、「ぽてっ!」と転げてしまうパンダの赤ちゃん。

それでもパンダの赤ちゃんは懲りません。
次はぺんぎんちゃんと一緒に「おっとっと おっとっと」と氷の上で片足立ち。

ゾウさんと一緒に「おっとっと おっとっと」と跳びはねてみれば水溜りに転げたり、わにさんの上を「おっとっと おっとっと」と跳びはねながら川を越えてみたり、パンダの赤ちゃんの「おっとっと おっとっと」はまだまだ続きます。


「おっとっと おっとっと」のリズミカルなフレーズが印象的な繰り返し絵本です。動物達が「おっとっと おっとっと」と楽しそうに跳びはねている姿を見ているうちに、段々と真似したくなるはずです。

この絵本を楽しんだ後は、親子一緒に「おっとっと おっとっと」と跳びはねて遊んでみてはいかがでしょう。

出版社からの内容紹介

子どもの言葉と表現を引きだす絵本! 子どもと読んだら100倍スマイル!

リズミカルな文とかわいい絵で親子が100倍スマイル! おっとっと おっとっと パンダのあかちゃん おっとっと。 りすくん いっしょに おっとっと。 おっと とっと おとっと。……ページをめくると、びっくり!
子どもの「言葉」と「表現」を引き出す絵本! 100人の保育士さん推薦! 子どもが「おっとっと」と、おどりだす!

出版社「KADOKAWA」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。