絵本

パイがふたつあったおはなし

出版社からの内容紹介あらすじ

ねずみのパイをめぐるドタバタ騒動

ねこのリビーが犬のダッチェスをお茶会に招待しました。ねずみのパイを食べたくないダッチェスは、仔牛のパイとすり替えるため、リビーの家に忍び込みます。ねずみのパイが見当たらず、仕方なくオーブン上段に仔牛のパイを入れて戻ったダッチェスですが、実はねずみのパイはオーブン下段に入っていたのです……。クスッと笑ってしまう物語の背景には、ソーリー村に実在する家々、庭、小道などがそっくりそのまま描かれています。

絵本「パイがふたつあったおはなし」の一コマ

絵本「パイがふたつあったおはなし」の一コマ

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。