絵本

おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本

心理学と行動科学の専門知識を活かして描いた絵本。特殊なアプローチで眠りの世界へと誘います。

この絵本の内容紹介あらすじ

昔々、ロジャーという名前の小さなうさぎがいました。ロジャーは眠りたくてしょうがないのに、なかなか眠れません。そこで、お母さんうさぎに相談することにしました。

すると、「考えごとをぜーんぶ、頭の中から取り出して、お布団の横にある箱に入れちゃうのはどう?」とお母さんが提案します。これは、眠るための準備です。

その眠る準備が出来たら、「いっしょにあくびおじさんに会いにいきましょう」とお母さんは続けて提案しました。

あくびおじさんは、世界一の魔法使い。誰であっても必ず眠らせることが出来るのです。

ロジャーは、あくびおじさんの家に向かう途中、おねむのカタツムリやウトウトフクロウにも遭遇します。そして、今すぐ眠るためのとっておきの方法を教えてもらいました。

ロジャーは少しずつ少しずつ眠くなりながら、あくびおじさんの家に辿り着きます。そして、あくびおじさんに会うと、眠る方法を教えてもらい、目に見えない魔法の眠り薬も振りかけてもらいました。


この絵本の物語は、あくびおじさんの家に行き、そこからまた家に帰るというものです。その静かで穏やかな物語の中には、眠るためのエッセンスが散りばめられています。

まず読み方には、『太字の箇所は、言葉や文を強調して読む』『色文字の箇所は、ゆっくり、静かな声で読む』といった眠りを促すための簡単なルールがあります。

そして、物語の中にも眠りを促すための仕掛けがあります。例えば、ウトウトフクロウが教える眠るための方法は、自律訓練法をベースにしており、意識的に体を緩ませながら眠りやすい状態を整えます。

また、文章を現在完了形にしたり、「もっと、もっと」「ゆっくり、ゆっくり」と言葉を繰り返すことによって、眠ろうとする自己暗示にかかりやすくなるのです。

この絵本は、心理学と行動科学の専門家であるカール=ヨハン・エリーンが、その専門知識を活かして制作しました。また、監訳を行なったのは、快眠セラピストの三橋美穂氏です。

これまでの「おやすみ絵本」とは一線を画するアプローチで、眠りの世界へと誘います。

出版社からの内容紹介

木下優樹菜さん大推薦!
「読んでいるママも一緒に眠くなっちゃうくらい引き込まれる、寝かしつけの絵本です!」
米英仏スペインなどで続々アマゾン総合ランキング1位の世界的ベストセラーが日本上陸!読むだけでお子さんがすぐ眠る、心理学的効果が実証済みのまったく新しい絵本です。
「うちの息子は、3分ぐらいであくびを始めて、10分後には熟睡しました」(イギリスのアマゾンレビューより)
心理学・言語学研究者の著者が、「子どもがなぜ寝たくない気持ちになるのか」を徹底的に考慮。
自然に眠くなるよう「ここを強調して読み、ここであくびするように」などの細やかな指示が入っています。
従来のいわゆる「おやすみ絵本」とは違ったコンセプトで、理論にもとづきお子さんをリラックスさせます。
英デイリーメール紙、テレグラフ紙、米CBSニュース、ハフィントンポスト紙、ニューヨークポスト紙等、有力メディアが続々特集。
世界40か国で翻訳が決定するなど、世界的な規模で大ブームになっています。
日本でも、発売前に、ママ・パパに試してもらいました!
「いつもは寝かしつけに1時間以上かかっていますが、この本を読んであげたら10分もしないうちにぐっすり。しかも、物語の途中でした」(4歳児の父、38歳会社員)
「いつまでも遊んでしまい、なかなか布団に入ってくれない元気すぎる姉妹……。それが、『お布団でロジャー読んで』と言うほど気に入って、寝ることを楽しんでくれるようになりました」(5歳児・3歳児の母、29歳主婦)

出版社「飛鳥新社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。