絵本

おやすみ おやすみ

出版社からの内容紹介あらすじ

サカナは水草のあいだで、目をぱっちり、口をぱっくりあけてねむります。
――クマやウマ、ハトやカメ、バッタやクモ、イヌやネコ、そして子どもたち。

いろいろな動物のねむるようすを、ゾロトウのやさしい詩と洗練されたデザインの絵で、しずかに語りかけます。安らかなねむりへと誘う、おやすみまえにぴったりの1冊です。

出版社「岩波書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。