絵本

おやすみ、ミユキ

出版社からの内容紹介あらすじ

ミユキが遊んでいると、おじいちゃんが「もう ねなさい」。
でも、「わたし することがあるの」とミユキ。
おじいちゃんとミユキのやりとりが楽しいベッドタイムストーリー。

直木賞作家・桜庭一樹さんが翻訳を担当!
フランス生まれの超キュートな「和テイスト」の絵本。

絵本「おやすみ、ミユキ」の一コマ

絵本「おやすみ、ミユキ」の一コマ

絵本「おやすみ、ミユキ」の一コマ

出版社「岩崎書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。