絵本

おやすみ、エレン 魔法のぐっすり絵本

この絵本の内容紹介あらすじ

ゾウのエレンは、優しくて勇気がある女の子です。エレンは、遊んだり楽しんだりすることが大好き。でも、ちょっと疲れたので魔法の森の向こう側にあるお布団で眠ることにします。

この絵本は、とっても可愛いゾウのエレンが魔法の眠りの森を抜けてお布団に向かうお話です。ベストセラーとなった寝かしつけ絵本『おやすみ、ロジャー』で知られるカール=ヨハン・エリーンの作品、「心理学的効果」が実証済みの読むだけでスヤスヤ眠れる絵本です。

お母さんゾウに「おやすみ」「朝になったら会いましょう」と見送られ、エレンは魔法の眠りの森へと冒険に出かけます。道中、パジャマ姿のうたた寝モグラに遭遇します。ぐっすり眠るコツをエレンに教えたモグラは、それから静かに眠りにつきます。

魔法の森では、優しい風が「よーくお眠り」と囁きながら吹いています。その風に心地よさを感じながら森の奥へと歩いて行くと、次は古い階段を見つけます。この階段は「眠い眠い階段」といって、全部で五段の階段を降りるごとにどんどん気持ちが落ち着いていくのです。

次は「眠くなるものを見せてあげるよ」とエレンは、さらさら川へと向かいます。川で森の小人:イビキのソフィーに遭遇し、二つの分かれ道ではオウムの居眠りダニエルに遭遇したり、うさぎのロジャーにも遭遇します。

エレンの魔法の森の冒険はどこまで続くのでしょうか。魔法の森を冒険するエレンのお話が終わらないうちに、子どもたちはスヤスヤ眠りの世界へ落ちていくことでしょう。穏やかで素敵なお話が子どもたちを心地よい眠りの世界に導いてくれるはずです。

出版社からの内容紹介

85万部のベストセラー、『おやすみ、ロジャー』 待望の第2弾!
今度はかわいいゾウが、たった10分で寝かしつけ!
ロジャーより楽しい! かわいい! そしてもちろん、お子さんが眠る!
・イラストがかわいい! ロジャーの絵がちょっと苦手だったという方にもおすすめです。
・ゾウのエレンが不思議の森を冒険しながら楽しい新キャラクターたちと出会う楽しい物語に。
・「心理学的効果」にもとづく眠りの手法が「ロジャーで寝ない子」向けにパワーアップ!

出版社「飛鳥新社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。