絵本

おたすけこびととあかいボタン

この絵本の内容紹介あらすじ

今日は家族揃ってお出かけです。

ところが今朝になってみると、女の子が何かをなくしてしまったようです。

「そうじきの なかは さがしましたか」
「けさは そうじを していません それに ゆうべは あったんです」

出かける前に、お母さんはどこかへ電話をかけました。

働く車と小人達

「さあ、しごとだ!」

大勢の小人達が、留守の家にやってきました。ショベルカーやクレーン車、ブルドーザーや高所作業車……たくさんの‘働く車’も勢揃いしました。

さっそく、部屋中を捜索開始。小人達が探し出すのは、ウサギのぬいぐるみに付いていた赤いボタンです。

水槽の中も大捜索!?

「ほら、もう みつけた。」

赤いボタンは家具の隙間ですぐに見つかりました。

「あっ!」
「たいへんだ……。」

ところが、思わぬ事故で赤いボタンは水槽の中へ落ちてしまうのでした。

それでも小人達にかかれば何のその。ダイバーとなって水槽の中を潜り、さらには潜水艇も出動させました。

あっという間に解決するかと思いきや——。
水槽の砂が舞い上がり、赤いボタンを見失ってしまいました。

「よし、てっていてきに さがそう。」

今度は働く車も総動員で、水槽の水を全部抜き、魚達も別の水槽に移し替えました。

こうして捜索もいよいよ大詰め。ショベルカーも使って、砂をふるいにかけると、やっとのことで見つかりました。

最後は、赤いボタンをウサギのぬいぐるみに縫い合わせ……ついでに首飾りもかければ完了です。


ピクトブック編集部の雑談

アイコン画像

この絵本は、「おたすけこびと」シリーズの第5弾だよね!
今回は潜水艇まで登場するとは驚きだよ!

アイコン画像

うんうん。
しかも水槽の水を全部抜いちゃうんだからね。

アイコン画像

赤いボタンも縫い合わせて、しかも首飾りのオマケまで用意するなんて遊び心があるね♪

出版社からの内容紹介

はたらくくるまをそろえたこびとたちが、人間に依頼されていろいろな仕事を手伝う大人気シリーズ「おたすけこびと」、待望の第五巻。女の子のウサギのぬいぐるみの目の、あかいボタンがなくなってしまったので、おかあさんがこびとたちに、さがしてほしいとたのみました。ボタンはへやのなかですぐにみつかりましたが…? クレーン車や高所作業車などのほか、潜水艇も登場。おたすけこびと、水にもぐる!? 画面のすみずみまで楽しめる人気シリーズ。

出版社「徳間書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。