絵本

おしゃべりなたまごやき

王様がニワトリを小屋から放ってしまいお城中は大騒ぎ!おしゃべりな卵焼きとは一体!?

この絵本の内容紹介あらすじ

ある国のある王様は、毎朝、朝食を終えると「挨拶の部屋」へ出かけることになっています。「挨拶の部屋」には、お城の人々が王様に挨拶をしようと待っているのでした。

テレレッテ トロロット プルルップ タアー♪
王様が「挨拶の部屋」に着くと決まってラッパが鳴ります。

まず初めに、王様に挨拶するのは大臣です。
「王さま、おはようございます。ごきげんがよくて、けっこうですね」

次に挨拶するのは兵隊の隊長。
「王さま、おはようございます。へいたいたちは、みんなげんきで、おしろをまもっております」

その次が王様に勉強を教える先生。
「王さま、おはようございます。きょうも、しっかりべんきょうして、りっぱな王さまになってください」

それから、医者や歯医者や床屋さん、植木屋さんやお掃除のおばさん・・・と王様への挨拶はまだまだ続きます。

ところが、王様の返事といえば「あ、うん」のただ一言。右から左に流すようにお城の人々と挨拶を交わすのでした。

人々の熱心な挨拶とは裏腹に淡白な返事をする王様ですが、最後のコックさんの挨拶の時だけは別なのです。
「王さま、おはようございます。ばんのおかずは、なににしましょうね」

そう尋ねられた王様は、初めて「あ、うん」以外の返事をするのです。
「たまごやきがいいな。めだまやきにしてくれ」

王様への挨拶が終わると、次は朝の勉強の時間。立派な王様になるために教養を身につけることも大切なことなのです。

タララッタ トロロット プルルップ タタター♪

ラッパが鳴ると、骨の折れる勉強の時間も終了です。待ちに待った休み時間になると、王様は「やれやれ」と大きなあくびをしながら庭に出るのでした。

王様にとっての一番の楽しみは遊ぶこと。今日はお城の中をぐるっと一回り駆けることにします。
大臣の部屋やお城の玄関、兵隊達の部屋や美味しそうな匂いのする台所、それからお城の裏も駆け回ります。

王様がお城の裏側を通り抜けていたところ、たまたま鶏小屋を発見します。その小屋の中は、鶏達がぎゅうぎゅう詰めになっていたのです。

その窮屈そうな様子を見た王様は、鶏達を不憫に思って小屋の戸を開けてあげようと考えるのですが・・・。

王様が小屋の戸に目を向けると、偶然にも鍵が挿さったままになっています。コックさんが鍵をしまい忘れていたのです。

そこで、鍵を回して小屋の戸を開けると、ぎゅうぎゅう詰めだった鶏達が一斉に飛び出し、王様はびっくり仰天。

「わあっ、たいへんだ」
事の大きさに気づいた頃には遅いのです。王様が慌てて逃げ出しますが、その後を追うように鶏達も駆けていきます。

その様子を見た見張りの兵隊達は大騒ぎ。鶏達に追いかけられる王様の姿を見ると、サイレンや鐘を鳴らして緊急事態を城中に知らせるのでした。

兵隊の半分は王様の救出に向かい、残りの半分は鶏小屋を開けた犯人探しに向かいます。

兵隊がピストルを空に向かって撃つと、その音に驚いた鶏達はてんでんばらばら。あとは犯人を見つけ出せば一件落着です。

ところが、犯人は王様です。王様自らが事の真相を打ち明けなければ事態は収まりません。

兵隊達だけでなく城中の人々が犯人探しに奔走しますが、犯人はちっとも見つかりません。そんな大騒動をよそ目に王様は知らんぷり。

王様は部屋に戻って一安心・・・かと思いきや、鶏小屋から慌てて逃げた際に鍵を持ってきてしまったので大変です。慌てて窓から外に鍵を投げ捨てるのでした。

その様子を唯一目撃したのは、王様の部屋に迷い込んだ雌鶏です。王様は雌鶏を見つけると、「わしが、とりごやを、あけたのを、だれにも、いうなよ。だまっていろ」と言いつけるのでした。

王様が真相を打ち明けないので事態はますます悪くなるばかり。

まず、ピストルの音に驚いた鶏達が卵を産まなくなってしまったので晩御飯のリクエストである卵焼きが作れません。

そればかりか小屋の戸に鍵を挿したままにしてしまったコックさんが自責の念に駆られ、自ら牢屋に入ってしまったのです。


たった一度の王様の過ちが城中を騒ぎに巻き込んでしまいます。

知らんぷりを決め込んだ王様ですが、晩御飯の折に思いも掛けない出来事に見舞われるのです。その思いも掛けない出来事とは一体何なのでしょうか。この絵本の題名である「おしゃべりなたまごやき」の意味が最後に描かれることでしょう。

出版社からの内容紹介

たまごやきが大好きな王さまがいました。ある日、王さまは散歩の途中で鶏小屋からにわとりを逃がしてしまいます。もちろんお城は大騒ぎ! にわとりを逃がした犯人さがしがはじまりますが、見つかるわけがありません。犯人が見つからないまま、晩ごはんの時間がやってきました。王さまが大好きな目玉焼きにナイフをいれると、目玉焼きの中からふしぎな声がきこえてきました。その声をきいて王さまはびっくり! さてさて、犯人は見つかるのでしょうか?

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。