絵本

おしゃべりどうぶつえん

出版社からの内容紹介あらすじ

動物たちへの視線が、なんとも素直で愛らしい絵本です。

飼育係のお手伝いをする「もゆちゃん」の12のエピソード。
小さい頃から日曜日になると、動物園の飼育係だったお父さん(あべ弘士さん)の仕事を手伝いに行っていたあべまいこさんが日記のように綴った絵本です。
ゾウのアサコのうんちをスコップでバケツに入れて運んだり、ニンジンをいっぱい刻んでサクラエビとまぜてフラミンゴのごはんを作ったり…。
高畠那生さんのイラストで、遊びごころいっぱいのポップな世界が広がります。

絵本「おしゃべりどうぶつえん」の一コマ

出版社「絵本館」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。